逆子の臨床報告①

2018年07月26日(木)

こんにちは。

神奈川県高座郡寒川町で、
鍼灸・整体・交通事故施術を行っている、
ふじ鍼灸整骨院の大藤です。

この記事は3つの国家資格(柔道整復師・鍼師・灸師)を取得している
寒川町の「ふじ鍼灸整骨院」院長の大藤が書いています。

今回、妊娠32週ほどでお腹の中の赤ちゃんが逆子と診断され、
知人に逆子には鍼灸が良いと聞き、
当院に来院されたTさん。
逆子が無事に改善したので報告をします。

妊娠35週で逆子治療

妊娠32週で逆子と診断され、
Tさんが当院に来院されたのは妊娠35週でした。

妊娠32週で逆子になってしまうのは珍しいことなのですが、
さらにそこから3週間ほど経過しているので、
赤ちゃんが大きくなり、お母さんのお腹の中で動きにくくなっているため、
はっきり言って、逆子が矯正されるのは難しい状況でした。

医師からも、
「もしかしたら戻らないかも・・・。」
「次の検診で逆子だったら帝王切開の日程を決めよう。」
と言われてしまっていたそうです。

実際に鍼灸では、
おおよそ妊娠28週から35週までの間でしたら改善することがあります。

なのでTさんの場合はギリギリでした。

逆子鍼灸

Tさんが来院されて、
早速逆子鍼灸を行いました。

鍼灸と言っても、妊娠中の方にはお腹や骨盤周りには行いません。
実際には手足のツボに鍼灸を行います。

Tさんの場合、
鍼をしている最中からお腹の中の赤ちゃんが活発に動いていました。
お灸についてももぐさを肌の上に乗せて直接燃やすので、かなり熱いです。
お灸をしている最中も活発に赤ちゃんが動いていたので、
とっても良い反応がありました。

後からお話を聞くと、
鍼灸を受けた2日後くらいに、
痛いくらいの胎動があり、
さらに以前と違う場所で胎動を感じるようになり、
「治ったかも?」という感覚があったそうです。

そして、検診の前日にも来院して頂き、
Tさんの感覚で治った感覚があるとのことなので、
安産に効くツボに鍼灸をしていきました。

いよいよ検診日

検診の結果、
見事逆子が治っていました!!

出産はまだもう少し先ですが、
元気な赤ちゃんを産んでいただけると思います。

そして、世の中には逆子がなかなか治らず、
諦めてしまう妊婦さんが多いので、
同じように逆子で困っている方へ、
Tさんからメッセージを頂きたい!!

ということで口コミを書いて頂きました。

逆子治療のクチコミ

↑クリックしてご確認下さい。

ふじ鍼灸整骨院での逆子鍼灸

・妊娠28週を過ぎて逆子と言われた。
・逆子体操をしても治らない・・・。
・帝王切開は避けたい。
・自然分娩で出産したい。

という方、
ぜひ寒川町のふじ鍼灸整骨院で治療を受けてみてください。


逆子鍼灸について
↑逆子鍼灸の詳細はこちらをご確認下さい。

逆子治療の料金は、
治療費6480円+初診料2160円
合計初回8640円となります。


2回目以降は6480円です。

逆子以外の体の不調があっても、上記の値段内で治療を行います。


予約優先制となっております。
ご予約はお電話で。
0467-50-0981

「はい。ふじ鍼灸整骨院です。」
と出ますので、
「初めてで予約を取りたいです。」
とおっしゃってください。

お名前、簡単な症状、予約希望の日時をお伺いいたします。


≪免責事項≫
この記事は、患者様個人の感想であり、
効果・効能を保証するものではありません。

  |