ぎっくり腰治療の臨床報告①

2017年08月30日(水)

こんにちは。

寒川町、「ふじ鍼灸整骨院」の大藤です。

 

先日ぎっくり腰になり、

杖をついて来院された40代女性のMさん。

 

2回の治療で症状が大きく改善したので、
臨床報告をします。

 

Mさんは、仕事でトラックを運転したり、

重たい物を持ち運びします。

 

普段から腰に痛みが出やすく、

痛みが出てきたり、腰が張ってきたらマッサージを受けていました。

 

しかし、年に1、2回はぎっくり腰になってしまうそうです。

「マッサージを受けてもなかなか改善しない。」
と感じたMさんは、根本的に治したい!
ということでインターネットで検索をして当院に来院。

今回の腰の痛みは、
仕事で重たい物を持った時に「ピキッと」なったそうです。

そして、しばらくそのまま仕事を続けていると、
さらに痛みはひどくなっていきます。

 

当院に来院されたときは痛みで自力で歩くことが難しく、

杖をつきながら来院されました。

お話を聞くと、
「何をするのもしんどい。」

「じっとしていれば楽だけど、動き出すと痛くてたまらない。」

「出来るだけ動きたくない。」

とのことでした。

なのでこの日の治療は座ったまま行っていきました。

しかし、Mさんからは、
「横にならなくていいんですか?」
とのこと。

確かに、
ほとんどの整骨院や整体院、鍼灸院などは、
ぎっくり腰で動いたりするのがしんどい患者さんにも、
すぐに横になってもらうところが多いようです。

しかし、
横になって治療をしても、
起き上がる時に腰に大きな負担がかかるので、
また痛みが出てきてしまいます。

なので当院では、
ぎっくり腰で腰に強い痛みが出ている場合、
まず横になってもらうことはありません。

「患者さんに痛みを感じさせない。」

ことを大前提にして治療を行っていきます。

Mさんの治療内容はというと、
座ったままの状態で整体治療を行い、
腰の動きを改善していったり、
動き出すときの動作をサポートしていったりしました。

それだけで身体を動かせるようになり、本人もビックリ!
更に立ったままの状態でも足の動きや重心のかけ方を整えていくと、
杖を使わずスムーズに歩けるようになりました。

そして、ここまで改善して、ベットに横になってもらう。
ということはしません。

基本的にこのように身体が動かせるようになった時点で治療は終了です。
あれこれと治療を行ってしまうと、身体への負担も大きくなるので、
治療時間自体は10分程度でした。

そして、Mさんは2日後にも来院され、
身体の状態をうかがうと、
「ほとんど痛みを感じてない!」
「ちょっと腰が張った感じが残るだけ。」
とのことでした。

なので、この日になってから、
ベットに横になってもらい、
鍼灸治療を行っていきました。

もちろん、整体治療も組み合わせて、
腰など、身体全体の動きを良くしていくと、
気になっていた腰の張りも落ち着いていきました。

今後は同じ痛みを繰り返さないために、
定期的にメンテナンスをしていく必要があります。


そして、
当院では患者さんに、
ぎっくり腰など強い痛みが出ているときは、
身体のゆがみなどのチェックはあまりしません。

痛みが強く出ている状態は、
身体がそれに対して抵抗した状態になります。

もともとの骨格や姿勢というよりは、
かばった状態です。

まずは痛みを改善していく治療をしていって、
痛みが落ち着いてきたら、
また身体のゆがみや姿勢を確認していきます。

そこで初めてその患者さんの身体の状態やクセがわかってきます。

理想は強い痛みが出てくる前に、

前もって身体のゆがみなどを整えておくことが大切です。

ぎっくり腰など強い痛みが出てきてしまった方はもちろん。
ぎっくり腰になりやすい方、
腰に違和感を感じている方。

なるべく早めに、ふじ鍼灸整骨院で治療を受けてみてください。

ぎっくり腰
↑ぎっくり腰について詳しく書いてあります。

特別なご提案

しかし、初めての場所に行く。
ということはとても勇気のいることです。

 

なので、
まずは気軽にお越し頂けやすくするために、
初診料+施術料8640円

初回の方に限り、
半額の4320円!

2回目以降は、施術料6480円。
※お得な会員制度があります。詳細はご来院時に説明します。

 

予約優先制となっております。
ご予約はお電話で。
0467-50-0981

「はい。ふじ鍼灸整骨院です。」
と出ますので、
「初めてで予約を取りたいです。」
とおっしゃってください。

お名前、簡単な症状、予約希望の日時をお伺いいたします。


≪免責事項≫
この記事は、患者様個人の感想であり、
効果・効能を保証するものではありません。

  |