テニス肘の臨床報告①

2017年09月29日(金)

こんにちは。
寒川町の「ふじ鍼灸整骨院」の大藤です。

1か月ほど前から右肘に痛みが出てきた、

Mさん。40代女性。

肘の痛みが解消してきたので、
臨床報告をします。



Mさんは最近転職し、
仕事で重たい物を持つことが多く、

右肘に痛みが出てきてしまいました。

最初は整形外科に行ったそうですが、
「テニス肘」と診断され、
湿布を出されて様子を見るだけ。
と言って終了になってしまったそうです。

しかし、一向に痛みが引かないため、
インターネットで当院を見つけて来院されました。

実際にMさんの右肘の状態を診てみると、
肘から肘下の腕の筋肉が硬くなっています。
例えるなら、
肘下の腕に針金のような物が入っている感じです。

肘自体には熱を持ったり、腫れたりはしていませんでしたが、
「ちょっと重たい物を持つと、ピキッと痛みが走る。」
とのこと。

「右肘をかばって仕事をしてたら、左肘にも違和感が出てきた。」
ともおっしゃっています。

さらに身体の状態を確認してみると、
肘の関節の動きが悪くなっているのと、
手首や肩、首の動きまで悪くなっていました。

当院では、
痛みがあるところばかりに焦点を合わせずに、
身体全体をしっかりと診て施術をしていきます。

Mさんの場合は、
肘以外にも、他の関節の動きも悪くなっていたため、
肘に負担が集中しやすい状態でした。

なのでまずは、
肘も合わせて首や肩、肘、手首の動きを良くするために、
整体を行っていきました。

整体と言っても、
無理に筋肉を揉んだり、関節を動かしたりはしません。

少しずつ動かしたり、患者さん本人に関節を動かしてもらったりしていきます。

少ない刺激で身体の動きが変化をし、
動きが悪くなっていた関節もよく動くようになりました。

ただ、これだけでは、肘自体の痛みはあまり変わりません。

腕の筋肉が硬くなりすぎているため、
腕の筋肉が付く肘に痛みが出やすい状態です。

なので、次に鍼灸を行っていきました。
針金のように硬くなった筋肉に鍼灸を行うことで、
徐々に筋肉の張りが取れ、
その場で痛みの変化を実感していただけました。

初回は肘の痛みが、数字で言うと、
10から4くらいまで引いた。
とのことです。


そして、3日後に再び当院に来院していただき、
お話を伺うと、
また痛みが出てきてしまい、
痛みが7くらいまで出てきてしまった。
とのことでした。

お話を伺うと、
「痛みが引いたから今まで通り普通に仕事をしていた。」
とのこと。

確かに、
痛みが引くと今までのように身体が動かせるようになるので、
普段通りに仕事をすることもできます。

しかし、
痛めてしまった身体の組織が完全に修復したわけではありません。
まだ完全に修復したわけでもないのに、
無理に使ってしまえば、また痛みは出てきてしまいます。

よく患者さんに説明をしますが、
痛みが良くなった=治った。
というわけではありません。

なので、
この日も整体と鍼灸を行い、痛み自体はほぼ改善しましたが、
仕事をする際の身体の使い方なども指導していきました。

その後、Mさんは週に1回程度通院していただき、
1か月ほど経った先日、
「もうほとんど痛みが出ることが無くなりました!」
と喜んで頂きました。

「治療をしてもらうのも良かったけど、身体の使い方も教えてもらえて良かった。」
ともおっしゃっていました。

当院では、
身体の痛みの出ているところの治療やストレッチなどの指導はもちろん。
負担のかかりにくい身体の使い方などについても指導をしています。

同じような痛みを繰り返してしまう方などは、
ぜひ一度当院の治療を受けてみてください。

しかし、初めての場所に行く。
ということはとても勇気のいることです。

 

なので、
まずは気軽にお越し頂けやすくするために、
初診料+施術料8640円

初回の方に限り、
半額の4320円!

2回目以降は、施術料6480円。
※お得な会員制度があります。詳細はご来院時に説明します。

 

予約優先制となっております。
ご予約はお電話で。
0467-50-0981

「はい。ふじ鍼灸整骨院です。」
と出ますので、
「初めてで予約を取りたいです。」
とおっしゃってください。

お名前、簡単な症状、予約希望の日時をお伺いいたします。

テニス肘についての記事も一度ご確認ください。

テニス肘はテニスだけが原因ではない!?


≪免責事項≫
この記事は、患者様個人の感想であり、
効果・効能を保証するものではありません。

  |